スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和23年の

12月23日は何の日?と訊かれて、天皇誕生日だと即答できる人はどのくらいいるのだろう。

昭和23年12月23日に何が起こったかと訊かれて、
東條英機(元陸軍大将)
武藤章(元陸軍中将)
松井石根(元陸軍大将)
木村兵太郎(元陸軍大将)
土肥原賢二(元陸軍大将)
広田弘毅(元総理大臣)
板垣征四郎(元陸軍大将)
ら七名が、処刑されたと、即答できる人はどのくらいいるのだろう。

そして、24日にそれらの遺骨を盗むという、命がけの計画をやった住職さんがいたことを知っている人はどのくらいいるのだろう。

スポンサーサイト
     

コメント

政変の日に降る雪は全てを覆い隠して

私は知ってますよ。TBSで力の入った長時間番組をやってましたね。

こちらは、晴天なり

私のブログを覗いてくださるかたは、ご存知のかたが多いのですけど、
私の実生活での友人、知人は、ほとんど知らないようです(苦笑)。

TBSの番組ですから、たいしたことはないだろうと思って、チラ見しただけですが(笑)、解説に鳥越俊太郎氏と保阪正康氏が出演していらしたので、ますます見る気が失せましたが、
ご覧になったかた、いかがでしたか?



TBSにしては、ではなく、面白かった

TBSの癖に結構面白かったです(笑)。
喰わず嫌いはいけませんね。

「開戦の責任は誰にあるか?」というテーマで東條英機に焦点を当てていたからだとは思うのだけど、昭和天皇に対する批判めいたトーンは一切無しでした。むしろ擁護していた。

これは正直驚きましたね。昭和天皇が開戦に反対だったとしても、私はやはり昭和天皇にも責任はあると思っていますから。

>昭和天皇が開戦に反対だったとしても、私はやはり昭和天皇にも責任はあると思っていますから。

私は、天皇は、立場的には責任のある存在だったと思うけど、事実上の責任は無いと思っています。

東條にも軍にも無いと思っています。

ハルノートを突きつけらる直前まで、誰もが日米和平を望んでいましたから。

戦争したがっていたのは、ルーズベルトだけですもの。
でも彼は、戦争しないという公約をしていたから、自分から宣戦布告できないで困っていた。

No title

日にちまで覚えてないだろ、普通
ところで責任は
選挙のある立憲君主制ですから
国民にもあります
天皇だとか東条にのみ責任を求める人は
自分が責任逃れしたい人
もしくは
「国民には責任ありませんよ」と言って人気をとりたい人
でしょう

No title

当時の皇太子の誕生日で、将来は天皇の誕生日になる日を選んだんだから、て覚えたくなくても覚えてるんじゃない?

>責任は
選挙のある立憲君主制ですから
国民にもあります
これは、Feがいつも言ってることよね。
昔も今も国民は、もっと自分に責任を持たなくちゃね。
Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。