FC2ブログ

Instrument of Surrender

昨日見た番組なんだけど、「その時歴史が動いた」↓
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2008_09.html#02

8月15日が終戦記念日だってことは、祝日でもないのに、誰もが答えられるくらいに知れわたっている。
でも、9月2日は記念日になっていない。
アメリカでは、対日勝戦記念日として制定されている。
9月2日は、授業でやる以外は、ほとんど話題に上らないから、仕方がないかもしれないが、
実は8月15日よりも、国際的な意味は大きいだろう。
ただ8月15日は、天皇の玉音放送が、当時の国民にとって、あまりにも衝撃的だったけれど、
9月2日は、やっぱり戦争に負けたんだということで、認めたくない意思の結果かなぁ。

昨日の番組では、この8月15日から、9月2日までの、政府内の右往左往状態が、おもしろかった。
誰が調印するかで、前日までもめていた。
ついには、天皇の指名で、ようやくあの(外務大臣)重光葵と(参謀総長)梅津美治郎に決まった。

もう一つ興味深かったのは、Surrenderという単語の訳へのこだわりだ。
「降伏」では屈辱的すぎるというので、「降服」や「降譲」が議論された。

で、このInstrument of Surrenderだけど、
「国体護持」という条件が主幹となっているから、無条件じゃないとする説があるなか、
たいていの人は、無条件降伏と思ってない?
スポンサーサイト



     

コメント

船を出すのなら9月

お久しぶりです。最近更新が滞っていたようなので、まだお加減が優れないのかなと心配していたのだけど……やっぱりまだ本調子ではないみたいですね。早くよくなればいいですね。

私は元気に肉体労働にいそしんでおりますぞ。

ところで、マスコミでは大抵「無条件降伏」と表現しているから、そう思っている人は多いんじゃないかしら。

お気遣いありがとうです。

ご心配いただき、申し訳ありません。
実は身体のほうは、ずいぶんいいんです。
きっと節約して、ライブに行ったり、CD買ったりするのを控えているので、ストレスがたまっちゃってるんです(笑)
ビンちゃんが、A子ちゃんとこにいつも行く気持ちがわかりま~す(苦笑)

船を出すなら9月って、中島みゆきの歌なんですね。
ちょっと調べたんですけど、難解ですね。
どんな意味なんでしょ?

人を捨てるなら九月

月光に微笑む女
http://sekihin.jugem.jp/?day=20080916

どう答えていいのか困ってしまったので、自分のブログのエントリにしてみました(笑)。答えになっているかしらん?

夢をとばす

うわ、ご丁寧に、記事にしていただき、感激です、嬉しいです、ありがとうございます!
でも…意味は、人それぞれだから、質問するんじゃなくて、自分で考えなくてはですよね(苦笑)
このときの彼女のどんな心境が、この歌詞を書かせたんでしょうね。
単純に失恋ではないような。
うーん…

>船を出すのなら9月
さぁ つーぎ 行ってみよー!
ってことじゃないっすか

ばばんばばんばんばん

そだね、私も、これって、暗いけど、死のイメージよりも、「生きる」ことのほうが感じられるたんだよね、前向きっていうか。
だから、ビンちゃん、元気をくれるためにそのタイトルつけたと思ってたのよね。
それなのに何気にだったとは…(笑

今夜は独り大宴会

あはは、赤蝮さんの油絵があまりに見事だったので、それに引きずられてああいうエントリになりました。

中島みゆき原理主義者の私が主張したいことは、他にもいい曲がたくさんあるから皆さんもっと聞いてくださいってことです。

ではでは

私も給料日でした

A子ちゃんところに寄らなかったんですね(笑)
スーパーでもらったまぐろ丼食べながら、履歴書書きながら、私もプチ宴会します(苦笑)
Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール