FC2ブログ

意味

ブログには、本当に書きたいことは、書けないよね
自分のこと、心の中のことは、ここには晒せないよね
人それぞれだろうけど、私は無理

じゃあ、なんで、日記というスタイルでここに何を書いているの?
寂しいから?
誰かと話したくて、きっかけ作り?

もちろん、リアルに話したり、メールする友人は、ちゃんといるのにね

どんなに泣いても癒されない自分と
自分は幸せだなぁと感じる自分がいて、どちらも私

なんじゃ、こりゃ?
はぁ、やっぱし6月病だにゃ・・・

スポンサーサイト



     

コメント

さらばジーパン刑事

そのまま歌詞になりそうないい感じす。
"なんじゃ、こりゃ?"でいきなり
松田勇作になりきると(^^)
お腹に力を入れて叫びましょう。
「なんじゃぁぁあ!こりゃあ!!!」
私は「そろそろ会社で本音言うの止めよう
かと思ってるんだけど。。」
と友人に相談したら
「今まで本音言ってたのかい!!」
と呆れられました。。

>"なんじゃ、こりゃ?"でいきなり
松田勇作になりきると(^^)
お腹に力を入れて叫びましょう。

「なんじゃぁぁあ!こりゃあ!!!」

松田勇作のなりきると…このあと死ぬんですよね?(ーー;)

>「今まで本音言ってたのかい!!」 と呆れられました。。

うーん、…ミラクル天然系ですか?(ーー;)

>ミラクル天然系
「なんじゃぁぁあ!こりゃあ!!!」
そうでもないっす(ーー;)

>このあと死ぬんですよね?
全国の松田勇作なりきりさん達
が亡くなったって話しも聞かない
から大丈夫っしょ(ーー;)

あ、まだ生きてます\(^o^)/

それにしてもブラックレインの松田勇作は、本当にあのシーンで死んだかと思うくらいの映画でしたね。
自分の命よりも映画を選んだんですもんね。

良かったっす\(^o^)/

ブラックレインは観てるんすね!
傑作ですよね(^-^)
>自分の命よりも映画を選んだ
その通りです。
でも本当の遺作は当時のオリンピック
金メダリストの"世界最速の女"ジョイナー
との共演のTVドラマだったことは
あまり知られていない。。
個人的には「野獣死すべし」がお勧めです。
役作りの為に奥歯を全部抜いた鬼気迫る
演技がスゴ!映画自体もいい出来っす。

ブラックレインは優作登場シーンのキレ具合がひじょーにいいですよね
有無を言わさずブチ殺すところが・・・

登場シーン…記憶にない…(ーー;)

>有無を言わさずブチ殺すところ
そのちょっと前のタバコを無造作に
投げ捨てるシーンもカッコイーすよ。
松田勇作自身も登場シーンはかなり悩んだ
ようです。

もう一回観ようっと!(^^)

>投げ捨てるシーンも
あのあたり全てカッコイイっすよね
存在感バツグンで

しかし
ブラックレインを見て
あの登場シーンが記憶にない理想が恐ろしい・・・

>あのあたり全てカッコイイ
これは後付の知識なのですが
松田勇作演じる佐藤は突然現れて
タバコの銘柄が日本のものではないから
"マズイ"ということで捨て、さらに無造作に
殺人を犯してみせて店の秩序を
ぶち壊して去るということで
真珠湾攻撃(西欧秩序への挑戦)の再現とも
いえる映画のテーマとちゃんと合っている
気合の入ったOPシーンなわけです。
監督がエイリアンを撮ったリドリー・スコット
でなかったらこうまで筋の通った
名シーンにはならなかったでしょうね。

>あの登場シーンが記憶にない理想が恐ろしい・・・

お肉がぶらさがった中での立ち回りからしか記憶にない…(^^ゞ
きっとお肉が強烈だったのね!

多分お肉のシーンでマイケル・ダグラスが背後から松田勇作に
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/arauma77/view/20080528
ってやられたのが強烈だったんじゃないすか(^^)
本当にこの映画は記憶に残るシーンが沢山ありますね。
マイケル・ダグラスの相棒役のアンディ・ガルシア
の首切りシーンも公開当時かなり話題になりましたね。

写真びっくりしました!
当時のマイケル・ダグラスの拡大版かと思ってしまいました(笑)

アンディ・ガルシアは、日本人好みの俳優なので起用されたんでしょうか(笑)、もっと他の人でもよかった気がしますけどね。

アンディガルシアはぶち殺されるのに最適な役者だったと思う
けっこうナイスガイで親しみが持てる感じだし

エディーマーフィーとかマイケルJフォックスの首が飛ぶとかでも面白かったかも
彼らは引き受けんと思うけど

なんで、アンデイは引き受けたの?

さぁ・・・首飛ぶの好きなんじゃない・・・

なるほど、首飛ぶのが好きなのねぇ♪
Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール