FC2ブログ

技と伝統

皇太子ご一家が大相撲観戦の記事、愛子様、ええらしなぁ(^^)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/sumo/86219/slideshow/

それにしてもさすがやなぁ、3歳か4歳の女の子に、国技の相撲が好きになるように、ちゃんと教育している。
好きな力士もおって、勝敗を、星取り表に鉛筆でしるしをつけてたんだって。
私なんて、いまだに相撲も、柔道もようわからん。
興味を持ったこともない。
親は好きだったかもしれんけど、一緒に楽しんだことはない。

相撲も、柔道も、日本人にとっては、単なるスポーツとはちょっと違って、その魂を学ぶところに、価値があるはず。
小さいときから、興味を持つように育てるのは、日本人の親として、大事なことかもね。

相撲も希望者が少ないのか、今では全体の3割弱が外国人らしい。
いきなり日本にやってきた、外国人に相撲の魂を教えられる、親方はいるのだろうか。

柔道がJUDOになってから、スポーツとなり、ルールが国際的になり、今では、日本人よりも、身体の大きい、外国の選手のほうが勝つようになっている。
問題は、そこに柔道の魂(道)がちゃんと伝わって、育っているかどうかじゃない?

そして、雅子様だけど、以前に比べたら、髪がずいぶんと長くなっている。
おしゃれに気を使うというのは、健康だからこそであって、
お元気になられたんだと思う。
よかった。
スポンサーサイト



     

コメント

こっちに武士道があるようにヨーロッパには騎士道てのがあるらしいが今もちゃんとやってるのだろうか?

以前ようつべで盾と斧みたいな武器を使って模擬戦みたいなのやってましたよ。

例えばさ
柔道で投げられた場合
本来は相手を力任せに一緒に巻き込んで倒れちゃダメなの
投げられた人はきれいに投げられる義務があるの

ところが外人どもは
負けを潔く負けとする精神がないから
自分が倒れても相手を一緒に道連れ、引き倒そうとするわけ
そんで最終的に下に倒れた方が負けになったり
JUDOにはもう勝ち負けだけで精神もなんもない

あんなものは柔道でもなんでもない
Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール