FC2ブログ

かなしみはいつも

>そのモノの正体は漬物石だな
前記事のコメントでFeが言ったのは本当かもね

漬物は石が重石となっておいしくできるものね

で、坂村真民の詩を思い出した

かなしみは  みんな書いてはいけない
かなしみは  みんな話してはいけない

で、始まって

かなしみは  いつも噛みしめていなければならない
って言葉で終わるんだけど

ただかなしがってちゃいけないんだよね
噛みしめるってことが大事なんだよね・・・

そして・・・私はますますおいしい漬物になる・・・(^^)
スポンサーサイト



     

コメント

はんたーい!(^O^)/
その意見に反対!

なんで書いちゃいけないの?
なんで話しちゃいけないの?
なんで噛み締めないとだめなの?

理解できまへん

書くとか話すとかって心の整理になるし
別に噛み締めず、まずけりゃポイ捨てしてもいいでしょうに・・・

詩人の考えることはわからん・・・

キムチだけは勘弁よ

たしかに、心の中にたまっているものを吐き出すのは、大切なことだし、有効なことだと思う

でもね、本当に痛手なことって、
文字にしたり、言葉にすることもできないわ
ただ自分一人の胸の内にそっと納めておくことしか、私にはまだできない・・・

PS:この詩の全文はこれです↓
一部だとわかりにくいよね

かなしみは
みんな書いてはならない
かなしみは
みんな話してはならない
かなしみは
わたしたちを強くする根
かなしみは
わたしたちを支えている幹
かなしみは
わたしたちを美しくする花
かなしみは
いつも枯らしてはならない
かなしみは
いつも湛(たた)えていなくてはならない
かなしみは
いつも噛(か)みしめていなくてはならない

http://www.papy.co.jp/act/books/1-7444/
癒しの詩人って呼ばれているとか。

悲しみの辛さに負けるなって、この人なりの応援歌なんじゃない?

でもちょっと違和感もあって
大好きな詩ってわけじゃないの

悲しみが人を強くしたり、美しくしたりするのなら
そんな思いをしてまで、強くなったり、美しい人間になろうとは思わないもの・・・
人間の強さや美しさは
もっといろんな要素で育って行くもんでしょ?
楽しい思いもたくさんしなくちゃ、エネルギッシュな強さは生まれないよね?

PS:おいしーキムチになってやる!

うーむ。難しいね
俺も悲しみを噛み締めても辛いだけの様な気がする
自分が元気になれることをしたいよね!

そういや
「書いてはならない」とか「話してはいけない」ってホラーっであったな

話したりすると呪い殺されたり・・・

なんかこの詞から、そんな呪いのパワーが感じられるぞ

たぶん悲しいことばかりで楽しいことがなかった詩人さんなんだ・・・
今は死んで地縛霊となって詞を読んだのち、悲しみを話した人を呪い殺すんだ
きっとそうだ

>なんかこの詞から、そんな呪いのパワーが感じられるぞ

フツーはそんなん感じらんやろ・・・(ーー;)

shuu君のコメント読むと、ほんまにほっとするわぁ(^^)
また、来てなぁ~

なんか、国語のテストで出そうなテーマやけど
かなしみを噛み締めるってどういう意味やろ
悲しみにどっぷり浸るっていうのとは違うと思う
分析する
理解する
納得する
受け入れる
現実から目を逸らさない
悲しみを否定しない
悲しみを楽しむ?

・・・Mやな


>噛み締めるってどういう意味やろ
ギリギリ歯で噛むんだよ
血が流れ出るくらい
髪をふりみだして
血走った目で

悲しいぞー
あやつのせーいーだー
このうーらーみー

で、

呪いの言葉を吐く → 相手は不幸に → 気分爽快!

いやー俺のコメントはほっとするなぁ~

まぁな、誰かのせいにして、気分爽快になるならええんやけど・・・

誰か、私の心のお守りをしてくれる人いないかなぁ~
最近、もてあまし気味・・・
こがん、凹んどったらよう相手せんわ・・・
いいかげんに機嫌なおしてよって感じ・・・

気晴らしに丑の刻参りでもやってみたら?

楽しいかもよ(^。^)

丑の刻参り・・・やってみます・・・

こんなコメントでもなんや、嬉しくて泣けてくるし…あ、自分、重症かもw
去年ブログ始めたときから、毎日のように
様子を見に来てくれてありがとー!

遅ればせながら、リンクしました!
今後ともよろしくお願いしますv

あ、ほんとだリンクに増えてら

しかし・・・
万物創造房(SAMURAI卍KURAGE)
はなんか違うぞ・・・(-_-;)

サムライの別名バンドのようだ・・・
ま、一応「万物創造房音楽集」は出してるから
アーティスト名だとも言えなくもないが

文句言うなよ・・・(ーー;)
でも、やっぱり訂正しました!(^^)
Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール