スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い夏の日

HALLOEWD BE THY NAME をメイデンの最高傑作、またメタルの最高傑作に上げる人は多いだろう
そして、この曲こそが、ブルース・ディッキンソンという男をIRON MAIDEN のヴォーカルとして、(加入後の初アルバムにして)早くもかけがえのない存在にのし上げた
ポールでもなく、ブレイズでもなく、この曲はブルースにしか歌えない・・・


はずだった・・・
が、A TRIBUTE TO THE BEAST での CRADLE OF FILTH の場合は違っていた
同じ英国の血が流れるヴァンパイア・メタラー ”ダニ・フィルス” のヴォーカルは、一味違う英国美にあふれている

まるで心臓から声を絞り出しているかのような、凶暴な生命に満ちた、まさにそのDERTH声が、この曲が本来持つ荘厳なイメージを破壊し、さらなる闇へと導いていく
絞首台を目の前にして、荒れ狂う、その獰猛な獣のような声が、
死への恐れと生への執着を見事に露呈している
そうだ、人間なら、泣き叫ぶに違いない
最期までジタバタ暴れて無様な姿を晒すだろう
ラストのダニの断末魔の咆哮は美しく凄まじく悲しく心に迫る!!!

http://www.youtube.com/watch?v=lb3Wu-iIvuU
はるか遠い夏の日がまるで昨日のことのよう・・・

スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
最近のコメント
最近の記事
リンク
検索フォーム
過去ログ
FC2カウンター

無料カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最近のトラックバック
カテゴリー
プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。